雛人形 / 縫nui / 今様雛 芳春 hosyun

通常価格 168,000 (税込)   完売単価  あたり 

お気に入りに登録

お知らせ

本年度は2022年12月中旬販売予定です。販売まで今しばらくお待ちくださいませ。
※商品の配送は2023年1月16日頃より順次行います。


縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

木目込人形のかわいらしさ + 衣裳着人形の華やかさ
= 縫nuiのおひなさま


小さな作りと表情のかわいい「木目込人形」の特徴と、一枚一枚丁寧に着せつけられた衣装が華やかな「衣裳着雛人形」の特徴、そのふたつを組み合わせた"新感覚のおひなさま"が、節句人形職人ユニット 縫nuiの粋を集めて誕生しました。


卓越した衣装デザインと色合わせ



縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

幼な顔でも少し大人びた衣装を着せつけているのが縫nuiの特徴。大人のファッションやメイクに興味を持ち、ちょっとだけ背伸びしているおませな女の子を表現しています。男雛・女雛一対での雰囲気を崩さぬよう、生地の織りや色のトーンを同じくするなど細やかな気遣いが感じられます。


衣裳着人形にしてこの細やかさを可能にしたのが伝統工芸士 山田華悦さんの技術力と忍耐力。通常サイズとは異なる極小用設計図を描いては人形制作、描いては制作を繰り返し、長年誰もが手がけられなかった美しい極小サイズの衣裳着人形づくりを可能にしました。

衣装へのこだわり


縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

ただでさえ小さい布地をさらに裁断し、複数の生地を組み合わせたパッチワーク仕様の衣装はまさに職人業。素材は国産品の織物にこだわり、縫製から着付けまでを一貫して作り上げています。


お顔だち


縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

一般的な雛人形の大人びたお顔の美しさとは対象的に、縫nuiでは"ふんわりカワイイ幼子のお顔"をイメージしています。髪の材質には黒染めしたシルク100%の"スガ糸"を使用。女雛の髪型は"おすべらかし"。江戸後期に誕生したスタイルで、雛人形の歴史においては比較的新しい髪型です。


主張しすぎず主張して、主役をより美しく


人形をより美しく際立たせるために存在する周辺のお道具類。なかでも屏風や飾台は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


「主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出するためのものづくりを」


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

大小2枚の屏風を用いてつくる奥行きのある空間演出。小さい方の屏風には京唐紙を使用しています。台、屏風ともに大阪市の畑口さんが生みだす美しい工芸品です。


縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

燭台、お道具はすべて国産の木製品。このお道具は貝桶(かいおけ)とよばれ、江戸時代の嫁入り道具の一つ。現在、雛道具の定番アイテムとなっています。花飾りは屏風や飾り台同様、畑口さんの設計。ろくろを挽いて作った丸型の土台に、紅白梅を一輪挿しのように配しました。

お別れのさみしさと、また出会えるよろこびと


縫nui 雛人形 衣裳着 切嵌

おひなさまは時期が過ぎたらしまうもの。「また来年ね」と愛くるしいこの子たちを片付ける際、お子さまはちょっとさみしい気持ちになってしまうかも…。それでも翌年、ひなまつりが近づいてくれば「またあの子たちを飾れるね!」と目を輝かせながら飾りつけのお手伝いをしたがることでしょう。


そんなお子さまとのかけがいのない時間を、ぜひご家族で大切にお過ごし下さいね。



商品詳細

作者・工房 縫nui
生産地 千葉
サイズ 間口50 × 奥行25 × 高さ20 cm
人形 京都西陣織正絹(パッチワーク)
屏風 二枚式段違い屏風(洋金・京唐紙)
飾台 木製ローズ塗平台
道具 木製黒塗貝桶
花類 紅白梅 ろくろ挽き木製土台
雪洞 木製燭台 ※灯りはつきません
付属品 ■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■作者立札
注意事項 ■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。


作者・工房について



縫 nui ■節句人形職人ユニット

2016年発足。これまでの伝統をつなぐためにメイドインニッポンの卓越した技術をを携え、今後節句人形業界を担うメンバーらにより結成された職人ユニット"縫nui"。節句人形業界を牽引しながらも、モノづくりの魅力を発信している。 ▶インタビューページへ