雛人形 / 横山一彦 / ほのか

通常価格 170,000 (税込)単価  あたり 

お気に入りに登録
横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

江戸の名匠が手がける
現代に即したおひなさま "ほのか"


江戸文化発祥の街、庶民の街として今もなお下町情緒と人情あふれる東京都台東区。天高くそびえる東京スカイツリーを眼前に臨むこの地には、江戸時代から育まれた伝統技能を習得した職人が多数存在しています。


伝統工芸品江戸節句人形の制作を手がけている横山一彦さんもそのひとり。"江戸の風情"と"粋の精神"を今に伝え、現代の住宅事情にも即したおひなさま"ほのか"のご紹介です。

江戸の職人がみせる、ジャパンクオリティ

横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

女雛の後ろ姿にご注目を。かさねの一枚一枚の色彩がより美しく見えるよう、長く尾を引いた着付けにこだわり、写実的な十二単の美しさを追求しています。


また金糸や銀糸をふんだんに用いて大胆な絵柄で魅せる"京風の華美な趣"とは異なり、 "自然で落ち着いた色合いや柄" "生地そのものの織り方や素材感"に重きをおいた衣装を採用。渋好みな"江戸の粋"を良しとする、江戸衣裳着雛人形の制作者ならではのこだわりがそこにあります。

衣装へのこだわり


横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

江戸時代に大流行し、さまざまなパターンや名称がうまれた縞模様(しまもよう)。よろけ縞(※1)とよばれる曲線で構成された縞模様は、若々しい躍動感を感じさせます。


見えない裏地に表地と同系色を合わせる心憎い演出も、"江戸の粋"を今に伝える職人のセンスが垣間見られますね。


(※1)よろけ縞
直線でなく、波状にゆがんだ縞模様。その湾曲が"よろよろして見える"ことから、その名がついたとされています。経糸で波形を表したものを"たてよろけ"、緯糸で波形を表したものを"よこよろけ"、そして経緯両方の糸で波形を表したものは"たてよこよろけ"とよばれています。

お顔だち


横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

鼻筋が通り、目鼻立ちのくっきりした男雛と女雛のお顔。キュッと引き締まった口元もあいまって、上品で大人っぽい雰囲気に仕上がっています。


主張しすぎず主張して、主役をより美しく


人形をより美しく際立たせるために存在する周辺のお道具類。なかでも屏風や飾台は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


「主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出するためのものづくりを」


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織 横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

和紙の上にやわらかな色彩で桃の花が描かれた衝立。中央部には照明器具が組み込まれており、ほのかに灯りがともる幻想的な空間演出が楽しめます。


生産地は静岡県。温暖多湿な気候と、家康ゆかりの久能山東照宮や浅間神社の造営をきっかけに全国から導入された高度な技術を応用して、江戸時代に定着した漆器作りの一分野として雛具作りが発達した歴史があります。

駿河雛具 盃

お道具には"盃(さかずき)飾り"をご用意しました。画像のように重ねて飾るも良し、男雛・女雛の前にそれぞれ盃を並べるも良し。こちらも静岡県産の雛具を用意しています。


花類 花籠 紅白梅

花器には繊細な竹ひご細工を取り入れています。



横山一彦 眼楽亭富久月 雛人形 よろけ織

(名前旗)ナチュラル名前旗 / ベージュ&白木台 / 刺繍 / 特小



江戸っ子職人の技とセンスと粋な心意気が生んだ雛人形。現代の住環境にも品よくなじむ親王飾りで、末永くひなまつりをお楽しみ下さいませ。



商品詳細

作者・工房 横山一彦
生産地 東京都
サイズ 間口70 × 奥行38 × 高さ36 cm
本体仕様 ■正絹帯地(よろけ縞) ■木胴 ■木手
屏風 和紙桃花絵衝立(照明付き)
飾台 木製白木飾台
飾り道具 金盃飾り(金杯部分は樹脂)
花類 竹ひご細工 紅白梅
雪洞
付属品 ■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■作者立札
注意事項 ■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

横山一彦 ■東京都指定伝統工芸士

昭和22年東京生まれ。作号"眼楽亭富久月"。人形師である父のもと人形製作を始め、平成14年に東京都指定伝統工芸士認定。伝統的工芸品指定品目にも認定される"江戸節句人形"の制作者として活躍。粋で繊細な江戸文化が評価される昨今、改めて注目を集めている雛人形師です。 ▶インタビューページへ