インフォメーション

人形の鯉徳について


私たちはニッポンの美しい伝統行事や工芸品を通じて、
日々の暮らしやご家庭に”幸せな時間”を提供していきます。


家族が共有する“忘れられない思い出の品“というのは、誰しも一つや二つお持ちなのではないでしょうか?私たちは「ただ単にたくさんの商品を販売する」というよりも、「記憶に残りなおかつ幸福を感じられる商品やサービスを、どれだけ多くの皆さまに提供できるか」を考え、商品の選定や販売につとめています。


そして取扱い商品の中心は“メイド・イン・ニッポン“の品々。私たちはできあがった製品そのものの紹介だけでなく、背景にある技や歴史、そしてモノがたりを紹介することで、より多くの皆さまに“新しい価値感や気づき“も提供していきたいと考えます。


“気づき“に関して言えば、日々モノづくりに携わる職人たちも、その技術や歴史があたりまえ過ぎて、その素晴らしい価値に気がつかないことも少なくありません。そのため私たちは、お客さま(ご購入者さま)からいただいた生の声を直接制作者側に伝えていくことで、彼らが独自の強みを失うことなく、更なる技術や創作意欲の向上に努められるようお手伝いをする“架け橋“にもなり続けたいと思います。


三世代に渡り地域の皆さまからお引き立てをいただき、もうすぐ創業100周年。ニッポンの美しい伝統行事や工芸品を通じて、ご購入する人たちやご家庭に”幸せな時間”を提供していきますので、これからもどうぞご期待下さい。



“商品選定と販売価格“の基準


人形の鯉徳では、安易に目先の流行だけを追い求めるような商品や大量生産品は取り扱いません。また販売表示価格を高く設定し、そこから高い割引率を用いてお得感を演出するような販売もいたしません。職人たちの手から丁寧に生み出された温もりのある品々を中心に選定し、適正価格でご提供しています。


商品の選定基準としては、おもに「品質・デザイン・オリジナリティ・実用性」の4点を重視し、節句品(ひな人形・五月人形など)には「飾りや片付けがしやすい・大人にも愛される」といったコンセプトも加え、全国より有名無名を問わない品々をセレクトしています。


※実用性とは「機能面に優れている」といったことだけではなく、日々生活の中で眺めたり触れたりするときに“美しい・うれしい・楽しい“などと感じる「心への作用」も含みます。


“大量生産・大量消費・大量破棄の経済システムにより生み出される工業製品“や“外見だけをまねた粗悪な輸入品の増大“が手工芸品の世界にも影響を及ぼしている昨今ではありますが、私たちは経験に裏打ちされた職人たちの手から生み出される工芸品本来の姿や、時代のニーズにあわせて進化してゆく創造力などにも着目し、末永くお客さまに愛される品々をご提供していきます。


今一度、楽しさや美しさを伴う“ニッポンのモノづくりの真髄とクオリティ“をお客さまの感性からも見出していただき、その製品とともに素敵な時を刻んでいただければ幸いです。

実店舗のご案内

鯉徳 実店舗

ショールームのご案内


住  所:〒299-0111 千葉県市原市姉崎1808-3
営業時間:9:00~18:00
定 休 日:日曜日 ※1月4日~5月5日/7月1日~8月13日/11月1日~12月31日は無休


人形の鯉徳では、実際に商品を見ていただける場所を、鯉徳本社1階および2階に設けております。商品の多くはその場でお買い求めいただけます。ご自宅やご贈答先への発送ももちろん対応しております。各種季節商品につき、時期によってはご希望の商品が店頭に並んでいなかったり、在庫がない場合もございますので、状況をお知りになりたい場合は事前にお問い合わせください。インターネット販売を行なっていない商品や、ご来店のうえご購入していただいたお客さま対象のサービス等もございますので、ぜひご家族お揃いで当店にお越しくださいませ。


節句人形アドバイザーのいるお店です


節句人形アドバイザー

お客さまが安心してお買い物ができるお店であるよう、当店では人形に関する「正しい専門知識」を持った販売員が在籍しております。お人形選びや初節句のことでわからないことがありましたら何でもご相談下さい。選び方や飾り方はもちろん、楽しいお節句の祝い方など、鯉徳ならではの提案も多々ご用意しております。


※節句人形アドバイザーの情報は、以下のページもご覧下さい。
 →一般社団法人日本人形協会 節句人形アドバイザーについて



人形セットの組み替えが自由に変更できます


鯉徳ではバランス・デザイン・価格などを考慮した当店オリジナルのひな人形・五月人形セットを中心に販売しております。しかし、お人形選びに熱が入ってくると「こっちのセットのお人形を、そっちのセットにあわせたい」「お道具類も国産品にこだわりたい」「もう少し予算の範囲でおさめたい」など、いろいろな要望がでてくることもしばしば。当店では店頭販売に限り、お客さまのお好み・ご予算・飾るスペース等にあわせて、人形セットの組み替えが自由に変更できます(一部商品を除く)。お客さまにもわかりやすいよう、お人形・飾り台・屏風・各種お道具類のひとつひとつにそれぞれ単品価格表示(プラス原産地表示)がございますので、組み替えしたセット内容変更後の価格もすぐにご確認できます。ご希望がございましたら遠慮なく販売員にご相談くださいませ。


マップ



アクセス


<電 車>JR内房線 姉ヶ崎駅東口下車徒歩15分
<バ ス>姉ヶ崎駅東口5番乗り場 八幡宿駅行 やまき歯科クリニック下車
<駐車場>無料駐車場完備(10台)

いちはら人形感謝(供養)祭

いちはら人形供養際画像

私たちは"いちはら人形感謝祭"に協力しています。


古くなったり壊れたりして、もう飾ることのないお人形たち。「お顔のある物だから」「愛着があるから」と、どうしたらいいのかお困りの方はいらっしゃいませんか?私たちはこれまでの感謝の気持ちを込め、お人形をご供養することをおすすめしています。


いちはら人形感謝祭では、ご住職さまにお経をあげていただき、参加された皆さまにはお焼香をしていただきます。また当日参加できない方のため、当店が窓口となりお人形をお引き取りすることも可能です(開催日の1週間前より)。当日は責任を持って係員がお人形を供養いたします。


ご家族の思い出がたくさん詰まったお人形たちですので、ぜひ会場にお越しいただき、お手を合わせてお別れして下さいますようお願い申し上げます。


■2019年5月26日(日) 受付は13:30より 16:00終了 ※雨天決行


※弊社での事前受付期間は5日間。平成29年5月20日(月)~5月24日(金)の18:00までです。


【場 所】龍善院 千葉県市原市五井2753(右図参照)
【日 時】毎年5月中旬から6月上旬の日曜日※雨天決行
【対象品】人形全般(羽子板・破魔弓・ぬいぐるみ含む)
【供養料】段ボール箱1パックにつき3,000円※目安です
【諸注意】ガラスケースや陶器等のワレモノ、大型の飾り台はご遠慮願います。
【お問合】いちはら人形に感謝する会(鯉徳内)


起縁プロジェクト

起縁プロジェクト

起縁(ぎえん)プロジェクトとは


子どもの幸せと健やかな成長を願うために飾られる節句人形。


起縁プロジェクトはこの伝統的なお人形を節句時だけではなく、受験や発表会などの成功祈願や健康祈願など、日々の暮らしのなかでも「願掛け」「縁起物」として飾ってもらうことを推進する活動です。


この活動を通じてお子さまが自身のお人形に対する愛情や家族に対する感謝の心を育んでもらうとともに、各ご家庭の心温まる物語や場面を創出する機会を増やしていただくことで、節句人形と文化を未来に伝えていくことを目的としています。


起縁プロジェクトPV(五月人形編)|ボクの守護神



■起縁の語源
起縁とは江戸時代に流行った逆さ言葉で、もとの言葉は縁起。「えんぎを担ぐ」を「ぎえんを担ぐ」と呼ぶようになり、それがのちに「げんを担ぐ」に変化したとされる。




わが家の"げん担ぎ"を発信しよう!


起縁プロジェクトでは、みなさんの「こんなげん担ぎに使ったよ」「こんなときに使ったら楽しそう」などのメッセージやご提案を多数お待ちしています。ひなまつりや端午の節句の画像ももちろん大歓迎。


インスタグラムを通じた情報発信を行い、魅力的なげん担ぎや飾り方を広くPRしていきますので、もしかしたらここから新しいニッポンの文化が誕生するかもしれません!みなさんどんどん投稿してくださいね。


STEP1. Instagramをインストールしてください。
STEP2. 起縁プロジェクト公式Instagramアカウント「@gien_pjt」を検索してフォローしてください。
STEP3. 節句人形を用いたさまざまな「げん担ぎ」「願掛け」の様子を撮影してください。
STEP4. 撮影した画像にハッシュタグ「#起縁プロジェクト」「#gienpjt 」を付けて投稿してください。


起縁プロジェクト 起縁プロジェクト

お人形・お節句に関するご質問

ひな人形についての質問



五月人形について



その他の質問




ひな人形についての質問

Q: 初節句 桃の節句って?


A: 子供が生まれて初めて迎えるお節句を初節句といいます。女の子の場合、生まれて始めて迎える3月3日のひな祭りが初節句にあたります。ちょうど桃の花の咲く季節なので、現在は「桃の節句」という名で親しまれています。初節句にはお父さんお母さんのご両親を招き、ひな人形を飾りお祝いをします。兄弟、仲人夫婦、親戚、友人の方々もお招きすれば赤ちゃん誕生に相応しいにぎやかな祝いの席になるでしょう。料理の種類に決まりはありませんが、“ちらし寿司“や“はまぐりのお吸い物“などを用意し“桃の花“などで飾り付けをすれば演出効果は抜群です。


Q: なぜひな人形を飾るの?


A: 平安の頃より行われてきた、紙やワラで作った簡素な人形に自分の災厄を移して海や川に流す“流しびな“という行事と、当時女性の間で流行していた“ひいな遊び“という人形遊びが時代の流れの中で結びついたのが現在のひなまつりです。江戸時代の中頃より、女の子の誕生を祝う初節句として今日に至ります。
ひな人形は“宮中の結婚式“をモデルとし、女雛(お姫さま)は“生まれてきた女の子“という設定で飾ります。つまりひな人形を飾るのは、「生まれてきた女の子が健やかに成長し、将来幸せな結婚ができますように」「人形が身代わりとなり我が子に災いがふりかからないように」という“願かけと厄よけ“を目的としているのです。昨今は、「生まれてきてくれた喜びの証を形あるものとして残しておきたい」という家族の思いと結びつき、願かけや厄よけのお守りという存在であると同時に、“幸せな家族のつながりを表す象徴“としての意味を持って飾られています。


Q: ひな人形は誰が買うの?


A: 決まりはありませんが、一般的には母方のご実家が人形を選んで贈る、または資金を若夫婦に送りひな人形を選ばせることが多いようです。これは昔、嫁入り道具の一つとしてひな人形を持たせる風習があったからです。ただし地域の風習の違いや経済的な理由もあるので、まずは若夫婦さまを通じて、ご両家で話し合ってから決められるのがよいでしょう。また仲人さま、ご親戚、ご友人の方々は、“ケース入りのお人形“や“つるし飾り“など、初節句をより華やかに演出するものを贈り、慶びを分かち合うことも多いようです。


Q: ひな人形はいつ飾るの?


A: ひな人形の飾り付けは、立春(2月4日頃)から2月中旬頃までが望ましいとされています。立春が目安になるのは、この日が“春の始まり“とされ、その前日は“節分“にあたります。つまり「節分で家から鬼(=厄)を追い払った後、春の訪れとともに縁起物を飾る」というげん担ぎの意味が込められる時期になるからです。逆に3月2日、ひな祭りの前日から飾ることは“一夜飾り“とよばれ、仏事を連想させることから、あまり縁起がよくないとされていますのでご注意下さい。


Q: 母親の人形を使っていい?


A: 「娘のひな人形を飾るときに、母親のひな人形も一緒に飾っていい?」という場合。これは何の問題もありません。親子三代のひな人形を飾るお宅もあります。お人形をくらべながら、それぞれのひな祭りの思い出を話し合えば、楽しさも広がると思います。これとは別に「母親のひな人形を、娘の人形として飾っていい?」という場合。ひな人形はその赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けると考えることから、基本的に“一人一人のお守り“なのです。母親の人形をゆずり受けるというのは、厄よけというひな人形本来の姿から外れ、これまで母親の人形が受けた厄を引き継ぎ共有してしまうことになるので、あまり縁起がいいことではありません。


Q: 次女・三女が生まれたら?


A: 上記の質問と重複しますが、人形やはその赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けると考えることから、基本的に“一人一人のお守り“なのです。神社のお守りを二人で分けることをしないのと同様、次女や三女の場合でもそれぞれの人形を用意したいものです。ただしそれが無理な場合、たとえ小さくとも何かその子の記念になるような人形を買い求めてあげて、長女の人形と一緒に飾ってあげるのが良いでしょう。


五月人形についての質問

Q: 初節句 端午の節句って?


A: 子供が生まれて初めて迎えるお節句を初節句といいます。男の子の場合、生まれて始めて迎える5月5日の端午の節句が初節句にあたります。端午とは“5月初めの午(うま)の日“のことで、それが5月5日に定着したのは、奇数が重なることは縁起がよいとされる考え方が広まりだした奈良時代の頃といわれています。その頃に花が咲く植物に“菖蒲(しょうぶ)“がありますが、これがのちに“尚武“や“勝負“という言葉に結びつき、端午の節句は男子を祝う日となったのです。初節句にはお父さんお母さんのご両親を招きお祝いをします。跡継ぎ誕生を祝って、兄弟、仲人夫婦、親戚、友人の方々もお招きすれば赤ちゃん誕生に相応しいにぎやかな祝いの席になるでしょう。料理の種類に決まりはありませんが、“ちまき“や“柏餅“などを用意し菖蒲の花などで飾り付けをすれば演出効果は抜群です。


Q: なぜ鎧・兜を飾るの?


A: 武家社会においては男の子が生まれると、その子の初陣を飾るための鎧を新調するという風習がありました。それが後の江戸時代に入り、泰平の世となってからは子供の厄払いの願いを込めて鎧や兜を飾る風習へと変化して、現在の“端午の節句“につながっています。つまり五月人形の鎧や兜は、勇壮な男子の象徴であるとともに、子供の身を守り、さまざまな困難に打ち勝っていけるよう祈願するために飾られるようになったのです。


Q: 五月人形は誰が買うの?


A: 決まりはありませんが、一般的には母方のご実家が人形を選んで贈る、または資金を若夫婦に送り鎧や兜を選ばせることが多いようです。ただし、“父方のご両親が鯉のぼりなどの外飾り“を、“母方からは鎧や兜の内飾り“を用意する地域や、“女児が生まれた場合は母方が、男児が生まれた場合は父方が全て節句品は揃える“など、地域の風習の違いもあります。また経済的な理由もあるので、まずは若夫婦さまを通じて、ご両家で話し合ってから決められるのがよいでしょう。また仲人、親戚、友人の方々は“ケース入りの人形“や“つるし飾り“など、初節句をより華やかに演出するものを贈り、慶びを分かち合うことが多いようです。


Q: なぜ鯉のぼりを飾るの?


A: 鯉のぼりは江戸時代に町民階層から生まれた節句飾りの一つです。鯉が急流をさかのぼり“龍門“という滝を登ると竜に変身して天に登るという中国の伝説に由来しており(この伝説から「登竜門」という言葉が生まれました)、生まれた男の子が健やかに成長し、人生の流れで遭遇する様々な登竜門を突破して立身出世ができるようにと願う飾りなのです。また鯉のぼりには“天の神様へ向ける目印“や“跡継ぎが誕生しましたという地域社会へのお披露目“の意味もあります。


Q: 五月人形はいつ飾るの?


A: 飾り付けは春分の日(3月20日頃)を過ぎたあたりから四月中旬頃までが望ましいです。春彼岸中(春分の日をはさんで前後3日の7日間)は仏事という理由で避ける地域もあります。5月4日、端午の節句の前日から飾ることは“一夜飾り“とよばれ、これも仏事を連想させることから、あまり縁起がよくないとされていますのでご注意下さい


Q: 父親の人形を使っていい?


A: 「息子の五月人形を飾るときに、父親の五月人形も一緒に飾っていい?」という場合。これは何の問題もありません。鎧や兜を比べながら、それぞれの端午の節句の思い出を話し合ってみたり、楽しさが広がると思います。これとは別に、「父親の五月人形を、息子の人形として飾っていい?」という場合。五月人形はその赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けると考えることから、基本的に“一人一人のお守り“なのです。父親の人形をゆずり受けるということは、厄よけという鎧や兜本来の姿から外れ、これまで父親の人形が受けた厄を引き継ぎ共有してしまうことになるので、あまり縁起がいいことではありません。


Q: 次男・三男が生まれたら?


A: 上記の質問と重複しますが、人形やはその赤ちゃんの身代わりとなって厄を受けると考えることから、基本的に“一人一人のお守り“なのです。神社のお守りを二人で分けることをしないのと同様、次男や三男の場合でもそれぞれの人形を用意したいものです。ただしそれが無理な場合、たとえ小さくとも何かその子の記念になるような人形を買い求めてあげて、長男の人形と一緒に飾ってあげるのが良いでしょう。また長男の節句飾りが鯉のぼりだった場合、鯉を単品で購入して、既存のセットに付け足していくのも良い方法です。


その他の質問

Q: 生まれてすぐでも初節句はするの?


A: 初節句は“子供が生まれて始めての節句“という意味なので、3月3日や5月5日に生まれてもその日が初節句となります。しかし実際のお祝いは、お宮参り(生後30日前後)を基準とし、節句がお宮参りよりも前にくる場合は、翌年に延ばすことが多いようです。


Q: 身内に不幸があった場合の初節句は?


A: 身内といってもさまざまですが、同居しているような近い関係にあたる場合、最低でも四十九日が過ぎるまで延期するのが賢明です。遠い方なら、事情を亡くなった方の近い方にお話ししてご理解をいただいたうえで準備を進めるのが賢明でしょう。


Q: お節句のお返しは?


A: お祝いをいただいたらお返しが必要です。お返しは初節句から1週間以内にしましょう。品物にお礼の手紙を添え、のし紙には紅白の蝶結びで、「内祝」とし、お子さまの名前を書くのが一般的です。ただし、お祝をいただいた方を初節句のお祝いの席にお招きし、おもてなしをする場合、それをお返しの代わりとしても構いません。


Q: お人形の修理をお願いしたいのですが…


A: 当店で購入された製品に関しては、万が一破損した場合でも修理を承ります。修理の場合は有料になりますが、前もってお見積りさせていただきますのでご安心下さい。年数が経過した製品、破損が激しい製品、または当店の製品でなく制作者がわからない場合は修理・交換不可能の場合もございますのでご了承下さい。


Q: 人形のみ、屏風のみの単品販売はできますか?


A: 現時点、単品販売は実店舗に限り対応しております。実店舗では、お人形のみの単品価格はもちろん、屏風や飾り台の単品価格までプライスカードに表記してあります(一部商品を除く)。価格のついているものに関しては、全て単品のみの購入が可能です。ただしセット販売を優先している都合上、在庫状況によっては単品販売ができないこともございます。ご了承下さい。

お買い物に関するご質問

お買い物に関するご質問

商品を当サイトにてご購入するにあたり、よくあるご質問とその回答内容の一覧をご用意いたしました。


お客さまのお尋ねになりたいことが含まれているかもしれませんので、お問い合わせいただく前に各項目をご覧いただくことをお勧めいたします。もしそれでも解決しない場合は、お気軽にお問い合わせください。
※メールによる回答の返信は、土日祝日を除く、平日のみとなりますことをご了承願います。


お問い合わせアイコン

よくあるお問い合わせ一覧



Q: メールが届かない場合は?

A: 当店ではご注文確認のメールについては【翌営業日以内】、お問い合わせのメールについては【2営業日以内】にご連絡をさせていただいております。上記の時間が経過してもメールが届かない場合は、下記をご確認いただくか、お手数ではございますが当店までご連絡をいただけますようお願いいたします。


Yahoo!メール等のフリーWEBメールをご利用の場合、「迷惑メールフォルダ」や「削除フォルダ」に振り分けられている可能性がございます。もしお客さまがフリーのWEBメールをご利用の場合には、当店からのメールが「迷惑メール」に振り分けられないように設定を変更していただけますようお願いいたします。


※Yahoo!メール、およびYahoo!BBメールをご利用の際は、以下の手順で設定変更ができます。


1.Yahoo!メールにログイン、「メールオプション」をクリックします。
2.「フィルターと受信通知設定」→「新規作成」を順にクリックします。
3.「追加」をクリックします。
4.設定を以下のようにします。
「Fromが次 (を含む) (@koitoku.com)」 移動先フォルダ 受信箱
5.「保存」をクリックし、設定完了です。

さらに詳しくはYahoo!のご案内ページでご確認ください。
ヤフー以外の対応方法は、ご利用されております各メールプロバイダのHPにてご確認下さいませ。


迷惑メールの受信拒否設定により弊社からの返信が届かないケースが多数発生しています。予めお使いの通信事業者のページをご確認の上、迷惑メールの受信拒否設定を行っている方は、【@koitoku.com】からのPCメールを受信できるように設定を行ってください。


上記確認事項をチェックしても、メールが届かない場合には大変お手数をおかけいたしますが、電話にてお問い合わせいただけますようお願い申し上げます。


TEL:0436-62-4151(土日祝日を除く10:00~17:00受付)


Q: 予約・お取り置きはできますか?

A: 当店では、商品のご予約やお取り置きは、誠に申し訳ございませんがお受けしておりません。入荷予定の商品につきましては、商品の入荷後、改めて当店よりご注文いただけますようお願いたします。



Q: 電話での注文はできますか?

A: 電話でのご注文も承っております。お電話でのご注文の場合は、【銀行振込のみ】のご案内とさせていただいております。お電話でのご注文をご希望のお客さまは、ぜひ下記よりお問い合わせくださいませ。


TEL:0436-62-4151(土日祝日を除く10:00~17:00受付)

なお銀行振込に関する詳細は、以下のページをご参照願います。
→お支払い方法について



Q: 商品の再入荷はしますか?

A: 再入荷のお知らせをご希望のお客さまは、商品ページにございます【入荷連絡メール】よりお入りいただきまして、メールアドレスのご登録をお願いいたします。入荷してすぐのタイミングでメールにてご連絡をさせていただきます。なお商品によっては、次回の入荷までお時間がかかる場合もございます。



Q: 会員ID・パスワードを忘れてしまったら?

A: 以下リンクをクリックしていただき、開く画面の案内にそって必要事項をご入力下さい。
→会員ID・パスワードを忘れてしまった方はクリック



Q: その他サービス内容について

ご注文方法やお支払い方法、送料や返品交換等の詳細につきましては、以下のページをご参照願います。




メディア掲載

鯉徳メディア掲載

千葉日報に弊社の紹介記事が掲載されました。


2019.02.07 新聞紙

鯉徳メディア掲載

テレビ東京系列放送『二代目 和風総本家』にて
弊社商品『羽子板飾り 鹿の子金彩 流水桜15号』の制作風景が放送されました。


2018.12.27 テレビ


フレーベル館発行『日本全国おみやげ図鑑 西日本編』に
弊社商品『下川原焼土人形 鳩笛 フレンチ(小)』が掲載されました。


2018.09.01 児童書(図鑑)


産経新聞にいちはら人形感謝祭の記事が掲載されました。


2018.05.28 新聞紙


産経新聞に弊社鯉のぼり寄贈の記事が掲載されました。


2018.04.20 新聞紙


地域情報紙シティライフ元旦号に弊社店長の紹介記事が掲載されました。


2018.01.01 情報紙


地域情報紙ちいき新聞にいちはら人形感謝祭の紹介記事が掲載されました。


2017.05.19 情報誌


株式会社地域新聞社発行いちはらびとに弊社店長の紹介記事が掲載されました。


2017.04.21 情報誌


千葉日報に弊社の紹介記事が掲載されました。


2017.04.13 新聞紙


千葉日報にいちはら人形感謝祭の記事が掲載されました。


2016.05.31 新聞紙


産経新聞に弊社店長の紹介記事が掲載されました。


2016.04.25 新聞紙


千葉日報にいちはら人形感謝祭の記事が掲載されました。


2015.05.27 新聞紙


bayfm78『with you』に弊社店長が出演しました。


2015.02.24 ラジオ


産経新聞にいちはら人形感謝祭の記事が掲載されました。


2014.06.30 新聞紙


千葉日報に弊社寄贈の鯉のぼりの記事が掲載されました。


2014.04.26 新聞紙

ページトップへ