雛人形 / 山田華悦・尚好 / まめ雛C

通常価格 98,800 (税込)単価  あたり 

お気に入りに登録
雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦

手のひらサイズの衣裳着ひな人形


小さくても木目込人形ではなく、衣装を優雅に着せつけたひな人形が飾りたい…。そんなご家族の声から誕生した業界最小サイズの衣裳着ひな人形「まめ雛」のご紹介です。


美しい造形と仲睦まじい色合わせ

雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦

これだけ小さい生地を使って衣装を仕立て着付けているのに、各所に余計な折ジワもなく綺麗な造形を形成しています。また「同じ柄の色違い」となっており、仲睦まじい雰囲気が出るよう工夫されています。

神技級の超コンパクトサイズ

人形サイズは"豆"とよばれる超コンパクトサイズ。小さい衣裳着のひな人形は、通常サイズに比べて細かい作業が多く型崩れも目立ちやすいため美しく作ることが不可能とされてきましたが、人形製作者の山田華悦は設計図を描いては人形制作、描いては制作を繰り返し、長年誰もが手がけられなかった"美しい極小サイズ(横幅14cm前後)を数年かけて完成させました。

縫nui 雛人形 木目込人形 桐塑

▲ 女性の手のひらに収まる極小サイズ。


衣装へのこだわり


雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦

男雛・女雛ともに西陣織金襴の有職紋様(※1)を衣装に採用しました。シンプルなデザインの生地を用いたお人形は、派手な柄の生地を使ったものよりもボディラインが目立つのでなかなかごまかしが効きません。華悦は小さくても出来上がりのシルエットに自信があるからこそ、この生地を用いています。


(※1)有職 / ゆうしょく・ゆうそく
平安時代より公家の邸宅の内部・調度品・服飾品などの装飾に使われていた文様で、幾何学的な柄が繰り返し紋様になっているのが特徴。見た目の派手さはなくも精緻な模様を織り出しているため上品さがあり、 時代に流されない普遍的な美しさを兼ね備える完成されたデザインともいえるでしょう。



お顔だち


雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦

頭制作はともに若手実力派の頭師、赤松勝己さんが担当。ふっくらとした輪郭に目尻の下がったかわいらしい表情が、優しくお子さまの成長を見守り続けます。


主張しすぎず主張して、主役をより美しく


人形をより美しく際立たせるために存在する周辺のお道具類。なかでも屏風や飾台は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


「主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出するためのものづくりを」


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

豆雛用台屏風豆雛用台屏風

あらゆるシチュエーションに違和感なく溶け込むシンプルでナチュラルな空間演出。屏風下部の装飾が適度なアクセントとなっており、シンプルでありながらも空間に広がりをもたせる効果を及ぼしています。


縫nui 雛人形 木目込人形 こぎん刺し

燭台、お道具、花飾りもすべて木製の同系色に統一。この大きさでも十分に木の温もりが感じられるのもまた、職人技の見所の一つとなっています。桜橘の花飾りは、ちりめん生地のつまみ細工で制作。色合いのみならず丸みを帯びた形状が一際かわいらしさを演出してくれます。


※別売りでセット一式がぴったり収まる専用アクリルケースもございます。

現代の住環境にも違和感なく溶け込みます


雛人形 豆雛 コンパクト 山田華悦

コンパクトでも十分満足していただける美しさは、現代の住環境まで配慮したジャパンクオリティのひな人形だからこそ。お子さまの成長を見守りながら、ぜひご家族揃ってひなまつりをお楽しみ下さい。



商品詳細

作者・工房 山田華悦・尚好
生産地 千葉
サイズ 間口40 × 奥行25 × 高さ20 cm
人形 西陣織金襴(有職紋様)
屏風 二曲和紙屏風(源氏香)
飾台 木製飾台(アイボリー塗)
道具 木製貝桶
花類 ちりめんつまみ細工桜橘
雪洞 木製白木燭台 ※灯りはつきません
付属品 ■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■作者立札
■手書き名入木札 ※ご注文の際、 お名前記入欄にお子さまのお名前をご記入下さい
注意事項 ■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。


作者・工房について

山田華悦ロゴ


山田華悦・尚好 ■千葉県指定伝統工芸士 ■節句人形工芸士

昭和46年千葉生まれ。本名"山田吉徳"。18歳の頃より人形師である母のもと人形製作を始め、平成11年に二代目 山田華悦を襲名。極小サイズの衣裳着ひな人形制作を得意とする繊細さを持ち味とし、業界に新風を吹き込む若き伝統工芸士。 ▶インタビューページへ