【五月人形飾り】鐘馗(小)■吉貞作■送料無料

価格: ¥60,000 (税込)
[ポイント還元 600ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗

邪気を払う守護の象徴―。鐘馗


端午の節句という大切な節目の日に彩りを添える数々の脇飾り。
なかでも鐘馗(しょうき)は邪気を払う守護の象徴として、古来より兜や鎧とともに飾られてきました。



【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗 【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗 【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗 【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗

鐘馗とはおもに中国の民間伝承に伝わる道教系の神で、日本では厄除けや学業成就に効果があるとされることから、端午の節句にかかせない人形の代表となりました。人形のみならず旗・凧・屏風・掛け軸として飾ったり、屋根の上に鍾馗像をのせる地域もあります。"しょうき"という音が「勝機」という言葉に通じることもまた、縁起物とされる所以であるのでしょう。


戦国時代には"しょうき"という音を「勝機」という言葉に置き換えて、げんを担いだ武将も存在。代表的な人物に、鍾馗像を旗印とした本多忠勝、陣羽織に鐘馗を描き着用した前田利家などがいます。


厄よけ鐘馗の由来

昔、中国の皇帝玄宗が病気になり、夢の中で悪霊に苦しめられていると、鐘馗と名乗る大男が現われその悪霊を退治した。夢から覚めた皇帝は病気が治っていた為、直ちに画家をよび記憶を頼りに描かせたのが今日の鐘馗の姿となる。それ以降、鍾馗の絵姿には邪気を祓う効力があるとされ世の中に広まっていった。


【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗

邪気や災いを跳ね除ける存在であることから、睨みをきかせた迫力のある表情が特徴のひとつ。凄みのある表情を表現するために、血管を浮かびあがらせたこの制作技法は"おきあげ"といい、近年はほとんど用いられていない貴重な技法です。

【五月人形 脇飾り】吉貞作 鐘馗

花梨塗の木製ガラスケース(前扉開閉式)が付属。正面の両側に木枠(柱)がないパノラマケースなので、重厚感のないスッキリとした印象です。


日本古来の風情や趣をも湛える鐘馗。初節句を迎える男児のいるご家庭はもちろん、
神聖性をともなう縁起物として多くの方々に飾っていただきたい伝統工芸品です。

商品詳細

作者・工房

吉田吉貞(よしだよしてい)

生産地

栃木県

サイズ

幅27 × 奥行24× 高さ25 cm

注意事項

■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

吉貞ロゴ

吉田吉貞 ■栃木県伝統工芸士 ■佐野市指定無形文化財 ■現代の名工

昭和9年栃木生まれ。人形師畔上虎吉氏に師事し、昭和45年に吉貞人形工房を主宰。職人として数々の受賞歴を持ち、現在は次世代に節句の意味を伝えるために研究・指導・講演なども行っている。

ページトップへ