本多忠勝トップ

本多忠勝(1548~1610)とは?


天文17年(1548年)三河国額田郡蔵前(愛知県岡崎市西蔵前町)で生まれる。幼少の頃の名前は"鍋之助"であだ名は"平八"。幼い頃より徳川家康に使え、徳川四天王の一人として活躍した戦国武将。


トレードマークは漆黒に塗られた"鹿角兜"、肩から下げた"金の大数珠"、自慢の名槍"蜻蛉切(とんぼきり)"。


天正17年(1591年)には千葉県夷隅郡 大多喜藩の初代藩主となり、街の発展に大きく貢献。今なお忠勝ゆかりの場所が多く残る。

本多忠勝肖像画

本多忠勝の五月人形。制作モデルはこの甲冑。


本多忠勝所用の具足として、本多家に代々伝わってきた"黒糸威二枚胴具足(重要文化財)"。


頭を包み込む"鉢(はち)"の部分は先細りの"突盃形(とっぱいがた)"仕様。"鹿角の脇立"と"獅噛の前立"が付属した兜の迫力は圧巻です。


胴は伊予札の二枚胴。全身黒づくめという見た目の重厚感に反して、随所に軽量化がほどこされており、この軽装さが戦場での活躍の秘訣だったのかもしれません。


トレードマークの一つでもある肩にかけた金箔押の大数珠は 漆黒の甲冑の中に映えるアクセントであると同時に、忠勝の信仰心の深さが伺えます。


自身の肖像画にも描かれたこの甲冑こそが、本多忠勝の所有する最も有名な甲冑といえるでしょう。

本多忠勝 実物鎧

語り継がれる忠勝伝説


◎"ただ、勝つのみ"という徳川家康の要望により"忠勝"と命名される。


◎初陣は桶狭間の戦いで、このときわずか13歳。


◎一言坂の戦いでその名を世に知らしめる。このとき敵方の小杉左近(こすぎさこん)が、戦いの後に"家康に過ぎたるモノは2つあり、唐の頭に本多平八"という有名な一句を残す。

※家康には彼が使うのにはもったいないモノが2つある、一つは彼の集める中国渡来の兜、もう一つは家臣の本多忠勝である…という内容で、忠勝の活躍ぶりを賞賛する思いが込められている。


◎人を褒めないことで有名な信長からは“花実兼備の勇士“と称えられ、秀吉からは“日本第一古今独歩の勇士“と惚れ込まれ、主君の家康は“その働き比類なし、我が家の良将“とその並外れた武勇と人間性を高く評価されていた。数多くの戦国武将の中で時の天下人全員から称えられた武将は忠勝のみ。


◎裏切りや寝返りの多い戦国時代、生涯一貫して家康への忠義を貫いた"義の男"。


◎武勇だけでなく知略も極めて高く、帷幕では家康の補佐役として逆に助言も行っていた。


◎13歳の初陣から関ヶ原の戦いまで、最前線で奮闘しながらも生涯57回の戦いの中で"かすり傷一つ負わなかった"と伝えられる。


圧倒的な強さ、合理性を伴う知識力、かすり傷一つ負わない強い身体と強運、そして義を貫く心…。
男児の健康と成長を願う端午の節句。わが子へと贈るメッセージとして、本多忠勝の生きざまはどれもこれもロマンと男気があるものばかり。千葉県民のみならず、私たちは初節句を迎える皆さまに本多忠勝の五月人形を心からおすすめしています。



本多忠勝まつり

本多忠勝の軌跡を訪ねて…ノスタルジックな風の吹く町、大多喜。


東京から車で約2時間。房総半島の南東部に位置する千葉県夷隅郡大多喜町。本多忠勝が大多喜城を築城し、城下町として発展した房総の小江戸大多喜には、忠勝ゆかりの名所や城下町の面影を残す町並みが多数存在しています。休日はカメラ片手に「いざ、大多喜へ!」


大多喜お城祭り

大多喜城

大多喜散策でまずはじめに目指すのはここ。1590(天正18)年に本多忠勝が築城した難攻不落の要塞"大多喜城"。現在の天守閣は昭和50年に千葉県指定史跡・上総大多喜城本丸跡に建てられ、館内は千葉県立中央博物館大多喜城分館となっています。

大多喜お城祭り

良玄寺

大多喜城築城と時を同じくして忠勝が建立した"良玄寺"。現在、忠勝の眠る墓は分骨され2ケ所ありますが、そのうちの一ケ所がこちらのお寺。墓地には忠勝の墓とともに本多忠勝夫人と二男忠朝(ただとも)の五輪塔が建てられています。また同寺にはかの有名な"紙本著色本多忠勝像"が保有されていました。(現在は千葉県立中央博物館所蔵)


大多喜お城祭り

忠勝公園

え?忠勝がここでお砂場遊びを!?というわけではなく、ここは良玄寺の一角にある憩いの場所。実はこの場所、忠勝さながら危機一髪の人々を救ってくれる場所でもあります。(その理由は行ってみてからのお楽しみ)

大多喜お城祭り

忠勝像

このモニュメントはまさしく本多忠勝公! 威風堂々としそのたたたずまい…渋いです。普通の銅像ならば駅前や公園などに鎮座していますが、忠勝像はそんな平凡な場所で見つけることはできません。ちなみにこの像の反対側には立ち姿の忠勝像もあります(上記画像参照)。 これらがどこにあるか探すのも旅の楽しみということで。



本多忠勝まつり

必見、大多喜お城祭り!!


明治4年(1871年)7月、廃藩置県とともに大多喜城は廃城となり、城内の建造物はすべて破却されました。昭和41年5月、県史跡"上総大多喜城本丸跡"として指定され、昭和50年9月、大多喜城(現・県立中央博物館大多喜城分館)が建設されたのを記念し、当時をしのんで毎年お城まつりが開催されています。

徳川四天王の1人であります本多忠勝侯一行に扮(ふん)した武者行列やみこしの渡御が城下町に繰り出します。メイン会場(大多喜小学校)では、保育園児によるほほえましいダンスの発表、友好交流都市の東京都荒川区から参加の荒川区天王太鼓による和太鼓実演などが行われます。


大多喜お城祭り

武者行列のスタートは大多喜城から。火縄銃の音を合図に、一行はメインのお祭り広場(大多喜小学校)へと向かいます。そこで参加者はさらに増え、パレードは市街地沿道へと繰り出していきます。

大多喜お城祭り

パレードの中心にはもちろん本多忠勝の姿が!!騎乗した戦国武将、その周りを彩るたくさんの旗持ち、煙りをあげる火縄銃、そして歴史情緒あふれる町並み…と、まるで戦国時代にタイムスリップしたかのようになること請け合いです。


大多喜お城祭り

参加者の中には"大多喜手作り甲冑隊"なる姿が。この団体、実は地元の方々が半年近くかけて丁寧に制作した鎧や兜を身に着けているのです。使われている素材はなんとダンボール!そのためお祭り当日の天気は、皆さんとても気にしているとのこと。それにしても完成度高いですね。

大多喜お城祭り

【問合先】大多喜お城まつり実行委員会(大多喜町商工観光課内)

【お電話】0470-80-1146

【公式HP】https://www.otakikankou.net/


五月人形を通じた思い出づくりにも


すでに本多忠勝の五月人形を購入した皆さまはもちろん、今後購入を予定している皆さまも男児が小学生くらいになったときにぜひこの"大多喜城祭り"に足を運ぶことをおすすめします。


「先頭の人が着ている鎧、お前のお祝いで飾っている人形と一緒だよな。」 そんな話をしながら、パレード見学や城下町を散策。おいしいものや見所もあって、親子一緒に贅沢な時間の過ごし方ができるはずです。


将来お子さまが大人になり、端午の節句をふと意識したとき…。その瞬間、ノスタルジックな大多喜の町並みの記憶とともに、親子で訪れた旅のことをきっと思い出すはず。そしてその頃には、ご家族の想いとともに本多忠勝の五月人形に込められたメッセージまでがきっと届いているのではないでしょうか。


ぜひご家族揃って端午の節句、本多忠勝の五月人形、そして大多喜お城祭りをお楽しみ下さいませ。



こちらの特集もぜひご覧ください。



表示切替: 並び順:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

お問い合わせ

配送料金

オフィシャルSNS

リンク集

ページトップへ