特別企画|黄櫨染のおひなさま(慶祝雛)

黄櫨染のおひなさま

最高位の装束 "黄櫨染"


黄櫨染のおひなさま

即位の礼や大嘗祭など、大きな皇室儀式にて天皇陛下のみ着用が許された禁色"黄櫨染(こうろせん)"。


櫨(はぜ)の樹皮と蘇芳(すおう)から染めだされ、その色彩は天皇陛下の偉大なるその存在と重ね合わされ"太陽の色"と表現されています。


そんな格調高い生地に描かれている文様は"桐竹鳳麟文(きりたけほうりんもん)"とよばれており、「これ以上にない縁起のよいもの同士の組み合わせ」として古来より特別なデザインとして認識されてきました。


「天下泰平のおめでたい前兆を運ぶと伝わる伝説上の鳥"鳳凰"は、竹の実を食べ桐の木に棲んでいる」という伝説をもとに"桐"と"竹"と"鳳凰"が描かれており、さらに鳳凰と対で扱われることの多い伝説上の霊獣"麒麟(きりん)"を加えることで、黄櫨染はその神秘性と独自性をより強固なものにした装束となっているのです。

黄櫨染のおひなさま


黄櫨染 と 雛人形


宮中の華やかな憧れとともに、天皇・皇后陛下のような幸せな結婚をしてほしいとの願いがもととなり、一説に雛人形(男雛・女雛)のモデルは天皇・皇后陛下とも言われています。そんな言い伝えもあるがゆえに、黄櫨染は永きに渡り愛され続けている"雛人形(男雛)の最も代表的な衣装" "流行り廃りのない超ロングセラー商品"といっても過言ではないでしょう。


これから先も変わらず最高位の装束として輝き続ける黄櫨染。恒久的な素晴らしさと喜びの気持ちを表し、本シリーズを慶祝雛(けいしゅくびな)と名付けました。どうぞ慶祝雛でひなまつりを末永くお楽しみください。



黄櫨染のおひなさま


2019年。天皇陛下の即位・改元が行なわれるこの記念すべき年にあわせ、鯉徳ではニッポンのさまざまな人形師が手がける天皇陛下ゆかりの衣装"黄櫨染"の雛人形を多数ご用意いたしました。平成最後のひなまつりに、世相を反映した逸品を添えてみてはいかがでしょう。




-ご注意-
黄櫨染という同じ名称ではあっても、文様のきめ細かさや材質の違いにより、仕上がり・品質・価格は異なります。それぞれを比較しながらお好みのおひなさまをお選びくださいませ。


表示切替: 並び順:
6件中1件~6件を表示
6件中1件~6件を表示

ページトップへ