【五月人形 鎧単品】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料

価格: ¥213,000 (税込)
[ポイント還元 2,130ポイント~]
(お子様の) お名前記入欄:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料

戦国時代のカリスマ。織田信長


現存する甲冑(鎧・兜)の忠実模写を得意とする名門甲冑工房 鈴甲子雄山。


これまでも有名な戦国武将の甲冑を数々手がけており、そのどれもが細部に至るまで妥協を許さない仕上がりに。

専門家や戦国マニアからも支持され、その品質と実績の高さには定評があります。


日本史上最大の英雄といっても過言ではないカリスマ、織田信長。

南蛮(西洋)モードの先駆者とも言える信長の洋装姿を再現した"南蛮胴具足スタイル"を名匠 鈴甲子雄山が忠実に再現。 覇者然とした自信に満ち溢れた姿が男児の成長を末永く見守ります。



現存する"実物の甲冑"をお手本にしています。


"重要文化財 南蛮胴具足"をもとに制作(右図)。


兜の様式は"桃形兜(ももなりかぶと)"を再現。その呼び名は形状が桃の実に似ていることに由来しています。


胴体も忠実に再現。前後2枚の鉄板で構成し、南蛮胴らしく前面中央部が盛り上がった作りとしています。


兜、胴体はともに戦いに鉄砲が使われるようになったことから、玉を受け流しやすくする構造上、このデザインになったのだとか。


そして兜前面の前立は作り手の創作。後光がさす織田木瓜(織田家家紋)を配置しました。


また天正9年(1581)に行われた"京都御馬揃え"とよばれる大規模な軍事パレードが行われた際、当時は珍しい舶来品の"ベルベットマント"を身に着け登場したという史実に基づき、王者の風格漂うこのアイテムも付属しています。


メタリック、曲線美、マント…男子が直感的に"カッコいい"と思う要素のオンパレードですね(笑)。

織田信長 実物鎧

重要文化財 南蛮胴具足(日光東照宮宝物館蔵)

戦いに鉄砲が使われるようになった時代背景により、上級武士が取り入れた西洋鎧を改造して作られた甲冑。大変高価であったため、一般武士は購入できるものではなかったらしい。文献等に基づき、これまで手がけられた数々のドラマや絵画によりこの様式の甲冑を身にまとう信長のイメージが定着しているが、残念ながら信長所有の南蛮胴具足は現存しておらず、その多くが日光東照宮の徳川家康所有の南蛮胴具足を参考に再現されている。



【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料 【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料 【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料 【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料 【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料 【五月人形 鎧飾り】織田信長の鎧10号 ■鈴甲子雄山作■戦国武将■送料無料

どこまでも忠実に、どこまでも美しく。


板と板を連結する糸の通し方も、実物を忠実に再現。"素懸威(すがけおどし)"とよばれる特種な技法で、正絹の威糸を丁寧に通しています。


特筆すべきは"胴"のつくり。なめらかな曲線を描きながら前面中央部が鋭角的に盛り上がり、かつウエスト部に近づくにつれくびれていくという南蛮胴具足の特徴を見事なまでに再現しています。


神は細部に宿る ―。


"ご家族の想いを裏切ることのないよう、そして家族からのメッセージがしっかりと伝わる頃まで末長く飾ってもらえるように…"と知恵を絞り、素材を吟味し、技を磨き作り上げられる職人の品。大量生産品では決して伝わらない温もりがそこにあります。



子供から大人まで十分満足いただけるのは、ジャパンクオリティの五月人形だからこそ。

お子さまの成長を見守りながら、ぜひご家族揃って端午の節句をお楽しみ下さい。


商品詳細

作者・工房

鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)

生産地

千葉県

サイズ

間口45 × 奥行44 × 高さ76 cm

本体仕様

正絹糸威 桃形兜 二枚合胴 真鍮製小札板 小篠籠手 篠臑当 甲掛
※本体にプラスチックは使用しておりません

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■陣羽織
■手書き名入木札 ※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状が各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作家・工房について

鈴甲子雄山ロゴ

鈴甲子雄山 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■日本人形協会認定節句人形工芸士

明治時代、初代雄山"鈴木甲子八"により東京都墨田区に創業。甲冑作りへの情熱は当代にも受け継がれ、現在業界屈指の技巧派として不動の地位を確立。国宝や重要文化財などの現存する甲冑を実地に調べあげ忠実に模写する技術は極めて高く、その作品の数々は重厚且つ繊細。その品質と実績の高さには定評があり、専門家たちからも高い支持を得ている。▶インタビューページへ

ページトップへ