【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

価格: ¥169,000 (税込)
[ポイント還元 1,690ポイント~]
(お子様の) お名前記入欄:
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料 【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

派手さを好まない、だけど個性を求めたいご家庭に。


静けさの中にピンと張りつめた空気感。おごそかで神秘的な尊さすら漂う"黒鉄兜"。伝統的なデザインを踏襲しながらも異彩を放つその存在感が、"派手さを好まない誠実な男らしさ"を演出します。甲冑師 雄山と鯉徳による特別仕様の兜飾りです。



【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

渋さ際だつ"ブロンズ加工"。


兜正面に取り付けられた真鍮製の"鍬形(くわがた)"や兜背面の"小札板(こざねいた)"など、金属部分を"黒ブロンズ加工"に。ゴールドの華やかさやシルバーの清々しさとは異なる、渋好みなクオリティとなりました。


耳元でカールしている部分は"吹返(ふきかえし)"とよばれ、矢から顔を守る役割がありました。この部分の装飾金具は最小限にとどめ、シンプルなスタイルに仕上げています。


そして頭を包み込む"鉢(はち)"の部分は、短冊型の鉄板をそれぞれ鋲でとめて成形する"矧合わせ"とよばれる本物の兜と同じ制作技法を用いて仕上げています。鋳物(いもの)による一体成型で作られる兜鉢よりも、立体感や手仕事感、そして高級感が味わえます。


【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料 【五月人形 兜飾り】紺糸沢瀉威の兜10号黒鉄 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

前から見えない後ろ姿にもこだわります。


兜全体からにじみ出す"静黙な雰囲気"を保つため、派手さを抑えた紺糸の正絹威糸を主に採用。


そして主となる紺糸以外の色目が末広がりに配列されるデザインは"沢瀉威(おもだかおどし)"とよばれ、源平時代の武士に好まれた柄の一種です。沢瀉(おもだか)とは水辺に自生する植物で、その葉の形が"矢尻"に似ていることから、別名"勝ち草""勝軍草"とも呼ばれました。


当時の武士はこの葉の図案を兜に落としこみ、多色の威糸(おどしいと)で表現することで、縁起を担ぐとともに自身の美的センスを競い合っていたともいわれています。


「人生における苦難や己の意思を、矢尻のように貫いていける青年に育って欲しい」


口にするのはちょっと気恥ずかしいけれど、そんな親の本心を兜に託して毎年飾ってみてはいかがでしょう。きっとその想いは優しく届いてくれるはずですよ。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。

なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。


三曲雲海屏風

神秘的な空間につつまれて"。


"写真でおさめた風景を、和紙に転写して作った"屏風は、東京都墨田区にある老舗屏風工房の片岡さんが制作。伝統技術と現代テクノロジーの融合から生まれた作品です。


三曲雲海屏風

より一層神秘的な雰囲気が漂ようのは、この背景にあり。"山間に広がる雲海"がモチーフとなっています。山は信仰の対象でもあり、その壮大な"末広がりの姿"が古来よりニッポンでは吉祥図(縁起のいい構図)とされてきました。


そして"雲気(水蒸気)が立ち昇るさま"は言い換えれば"雲気の上昇"。その音から転じて"運気上昇"となることから、雲もまた吉祥図とされています。山、雲ともに、げんを担いで男児の成長と健康を祈る節句飾りにふさわしいといえますね。


また、空が濃い青色に染まる"日の出前の情景"によるその色彩が、兜本体の雰囲気と見事なまでに調和し、全体のバランスを美しく整えてくれています。


【五月人形】弓太刀Y13号青 【五月人形】弓太刀Y13号青

"藤巻木製仕様の弓"と"天然羽根仕様の矢"。シンプルな一本矢飾りには"狙い(願い)が一発で仕留め(叶え)られますように"とのメッセージが込められています。


また"光り物は邪気をはらう縁起物"と古来より言い伝えられていることから、太刀は簡略化せずに鞘から抜ける仕様になっています。(模造刀で切れませんが、鋭利な部分もありますので取扱にご注意ください)


一般的に弓の矢尻部分や太刀の柄の部分にはプラスチックが使われますが、本製品は一切プラスチックを一切使用していません。刀の反り返りや装飾金具、そしてこの兜飾りに調和する色目にまでこだわったそのたたずまい。屏風同様、こちらもモノづくりのまち東京墨田区の職人さんの手から生まれたたしかな逸品です。



大人目線でも十分満足していただける美しさは、ジャパンクオリティだからこそ。メッセージがたくさん詰まった五月人形を飾り、お子さまの成長を見守りながら、ぜひご家族揃って端午の節句をお楽しみ下さいませ。


商品詳細

人形作者

鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)

生産地

千葉県

サイズ

間口60 × 奥行40× 高さ51 cm

本体仕様

正絹糸威 矧ぎ合わせ鉢 真鍮製鍬形 黒ブロンズ加工金物
※兜本体にプラスチックは使用しておりません

弓太刀

藤巻弓太刀(一本矢) ※太刀は鞘から抜けます。

屏風

和紙屏風(雲海)

飾台

木製黒塗平飾台

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■陣羽織
■手書き名入木札 ※ご注文の際、お名前記入欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状が各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

鈴甲子雄山ロゴ

鈴甲子雄山 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■日本人形協会認定節句人形工芸士

初代雄山"鈴木甲子八"により、明治時代に東京で創業。甲冑作りへの情熱は当代にも受け継がれ、現在業界屈指の技巧派として不動の地位を確立。国宝や重要文化財などの現存する甲冑を実地に調べあげ、忠実に模写する技術は極めて高く、その作品の数々は重厚且つ繊細。専門家からも支持され、品質と実績の高さにも定評がある。プロフィールページ

ページトップへ