【五月人形 兜飾り】源義経の兜10号 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

価格: ¥166,000 (税込)
[ポイント還元 1,660ポイント~]
(お子様の) お名前記入欄:
数量:
在庫: 在庫なし 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


【五月人形 兜飾り】源義経の兜10号 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料 【五月人形 兜飾り】源義経の兜10号 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

日本の名画がモデルです。


本品は重要文化財に指定されている"安田靫彦筆 紙本著色黄瀬川陣 "(右図)に描かれた源義経の甲冑からインスピレーションを得て制作しています。


兜のイメージを大きく左右する正面の"鍬形(くわがた)"は、真鍮製の24金メッキ仕上げ。伸びやかに天に向かう勇壮なシルエットが特徴的です。


耳元でカールしている部分は"吹返(ふきかえし)"とよばれ、矢から顔を守る役割がありました。この部分の装飾には柔らかい高級鹿革を使用。装飾金具は最小限にとどめ、シンプルなスタイルに仕上げています。

黄瀬川陣の義経

そして頭を包み込む"鉢(はち)"の部分は、短冊型の鉄板をそれぞれ鋲でとめて成形する"矧合わせ"とよばれる本物の兜と同じ制作技法を用いて仕上げています。鋳物(いもの)で作られる鉢よりも立体感や手仕事感、そして高級感が味わえます。


【五月人形 兜飾り】源義経の兜10号 ■鈴甲子雄山作■鯉徳オリジナル■送料無料

一流の職人は、前から見えない後ろ姿にもこだわります。


黄瀬川陣に描かれた義経の甲冑にならい、威糸(おどしいと)の色目は"紫裾濃(むらさきすそご)"を採用。紫色が上から下(裾)に向かって、だんだんと濃くなる配色です。紫が基調となる色目のなかに差し色として黄色が使われているのですが、これは紫裾濃が"菖蒲(しょうぶ)"の色目モチーフとしているからと言われています。


菖蒲は薬草としても優れているところから"魔除け・厄除け"の意味を持っていること、その音が「尚武」「勝負」に通じること、開花時期が端午の節句にかさなることなどから"男児にとっての縁起物"として捉えられ、今なお菖蒲湯のような風習が残っています。当然ですが五月人形との相性が悪いはずがありません。

菖蒲イメージ

また通常よりも細い威糸を使い、それを一本ずつ通していく間隔はおよそ3mm。

威糸が細かくもぴっちりと並ぶ兜の後ろ姿から、より一層の上品さとともに、職人の丁寧な仕事ぶりが感じられるはずです。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。

なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。


【五月人形】桜陣幕屏風15号セット

"神聖な空間につつまれて"


和紙の上に"陣幕"を描いたこの屏風は、東京都墨田区にある老舗屏風工房の片岡さんが制作しています。




陣幕は武家社会において、神聖な意味合いをもつ空間として認識されるようになりました。

節句を彩る兜飾りを神聖な絵柄で空間演出するのも、なかなか粋なはからいですね。


色鮮やかな兜本体と屏風の上品な明るさが調和し、五月人形特有の威圧感を感じさせない仕上がりとなっています。


弓太刀13-15号 一本矢 弓太刀15号 一本矢

"藤巻木製仕様の弓"と"天然羽根仕様の矢"。シンプルな一本矢飾りには"狙い(願い)が一発で仕留め(叶え)られますように"とのメッセージが込められています。


また"光り物は邪気をはらう縁起物"と古来より言い伝えられていることから、太刀は簡略化せずに鞘から抜ける仕様になっています。(模造刀で切れませんが、鋭利な部分もありますので取扱にご注意ください)



大人目線でも十分お楽しみいただけるのは、ジャパンクオリティの五月人形だからこそ。お子さまの成長を見守りながら、ぜひご家族揃って端午の節句をお楽しみ下さい。

商品詳細

作者・工房

鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)

生産地

千葉県

サイズ

間口60 × 奥行40 × 高さ56 cm

本体仕様

正絹糸威 矧ぎ合わせ鉢 鉢裏皮張り 純金鍍金鍬形 吹返鹿革
※兜本体にプラスチックは使用しておりません

弓太刀

藤巻弓太刀(一本矢) ※太刀は鞘から抜けます。

屏風

金彩陣幕屏風

飾台

木製黒塗平飾台

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■陣羽織
■手書き名入木札 ※ご注文の際、お名前記入欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状が各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作家・工房について

鈴甲子雄山ロゴ

鈴甲子雄山 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■日本人形協会認定節句人形工芸士

明治時代、初代雄山"鈴木甲子八"により東京都墨田区に創業。甲冑作りへの情熱は当代にも受け継がれ、現在業界屈指の技巧派として不動の地位を確立。国宝や重要文化財などの現存する甲冑を実地に調べあげ忠実に模写する技術は極めて高く、その作品の数々は重厚且つ繊細。その品質と実績の高さには定評があり、専門家たちからも高い支持を得ている。▶インタビューページへ

ページトップへ