• おすすめアイコン

【雛人形】豆雛5人飾り ■山田華悦作 ■送料無料

価格: ¥127,000 (税込)
[ポイント還元 1,270ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職 山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

置き場を選ばない、コンパクトサイズの五人飾り。


飾る場所が限られているけれど、男雛と女雛のふたりだけじゃちょっとさみしい…。

けれども三人官女まで揃った三段飾りではスペース的にちょっと難しいかも…。


そんなご家族にピッタリの雛飾りをご提案。


手のひらサイズの"豆雛シリーズ"に三人官女が仲間入り。

伝統工芸士 山田華悦さんがてがける五人揃いの華やかな"豆雛5人飾り"のご紹介です。

山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職 山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職 山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職 山田華悦イメージ

職人がみせる、ジャパンクオリティ。


人形サイズは"豆"とよばれる超コンパクトサイズ。


小さい衣裳着のひな人形は、通常サイズに比べて細かい作業が多く型崩れも目立ちやすいため、
美しく作ることが不可能とされてきましたが、設計図を描いては人形制作、描いては制作を繰り返し、
長年誰もが手がけられなかった"美しい極小サイズ(横幅14㎝前後)を数年かけて完成させました。



山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

永遠の定番、有職文様。


二組の男雛・女雛ともに正絹の"有職紋様"を衣装に選択。

有職とはその昔、貴族が好んで使用していた伝統的な紋様(もんよう)です。


なかでも二羽の鶴が上下で向かい合う"上下対い鶴"とよばれるデザインを用いました。

"夫婦和合" "子孫繁栄"の意味をもつ、縁起の良い構図になっています。


派手な色を用いず、落ち着いた模様を織り出している衣装なので、
長く飾っても飽きのこない、永久定番のデザインといえるでしょう。


山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

このかわいらしい表情は、若手実力派の頭師、赤松勝己さんが担当しています。

いつまでも愛され、かわいいと思ってもらえるような表情を日々追求しています。

山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

ほほえましく並ぶ三人官女。 白い着物に赤い袴を身に着けた"三白(さんぱく)"という三人官女の伝統的なスタイルです。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。
なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで
試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職 山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

すっきりとしたモダンデザイン。


落ち着いた風合いが魅力的な"大典和紙(雲竜和紙)屏風"。アクセントにやさしい雰囲気がただよう桜模様をあしらいました。大典和紙とは手でちぎった楮(こうぞ)の長い繊維を漉き入れた和紙のこと。不規則な繊維が模様となり、より躍動感のある和紙の表情を感じさせてくれますね。

山田華悦作 雛人形 豆雛五人飾A 有職

燭台、お道具はすべて国産の木製品。燭台に灯りはつきません。ミニチュアサイズのお道具にもかかわらず、細部にまで丁寧に仕上げています。ままごと遊びが好きな女子心までを考慮した、職人の気遣いが感じられますね。



木目込人形とは異なり、豪華さも感じられる手のひらサイズの衣裳着ひな人形"豆雛5人飾り"。大人になっても忘れることのない桃の節句を、ご家族そろってお楽しみ下さい。


商品詳細

作者・工房

山田華悦

生産地

千葉県

サイズ

間口40 × 奥行29 × 高さ20 cm

本体仕様

正絹(有職紋様)

屏風

和紙屏風(桜柄)

飾台

木製黒塗二段飾台

道具

木製黒塗り爪唐草6点

花類

桜橘

雪洞

木製燭台 ※灯りはつきません

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■被布着
■手書き名入木札※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

山田華悦ロゴ

山田華悦・尚好 ■千葉県指定伝統工芸士 ■節句人形工芸士

昭和46年千葉生まれ。本名"山田吉徳"。18歳の頃より人形師である母のもと人形製作を始め、平成11年に二代目 山田華悦を襲名。極小サイズの衣裳着ひな人形制作を得意とする繊細さを持ち味とし、業界に新風を吹き込む若き伝統工芸士。▶インタビューページへ

ページトップへ