【雛人形】春日雛 金駒刺繍 ■横山一彦作 ■送料無料

価格: ¥162,000 (税込)
[ポイント還元 1,620ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍

江戸の風情を今に伝える―。横山一彦


江戸文化発祥の町、庶民の町として今もなお下町情緒と人情あふれる東京都台東区。

天高くそびえる東京スカイツリーを眼前に臨むこの町には、江戸時代から育まれた伝統技能を
今に伝えるさまざまな職人が、多数存在しています。


伝統工芸品"江戸節句人形"の制作を手がけている横山一彦さんもそのひとり。

"江戸の風情"と"粋の精神"を今に伝える伝統工芸士による"春日雛"のご紹介です。


横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍

江戸の職人がみせる、ジャパンクオリティ。


人形の後ろ姿にご注目を。かさねの一枚一枚の色彩がより美しく見えるよう、
長く尾を引いた着付けにこだわり、写実的な十二単の美しさを追求しています。


また金糸や銀糸をふんだんに用いて大胆な絵柄で魅せる"京風の華美な趣"とは異なり、
"自然で落ち着いた色合いや柄" "生地そのものの織り方や素材感"に重きをおいた衣装を採用。
渋好みな"江戸の粋"を良しとする、江戸衣裳着雛人形の制作者ならではのこだわりがそこにあります。


横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍

大胆な金糸装飾も、江戸風の趣に。


男雛には青系、女雛には赤系という定番色を衣装に選択。

色こそ違えど同じ織柄、同じ刺繍加工と相性の良いペアに仕上げました。

"金駒刺繍"とよばれる特種な刺繍で、絵柄は男雛が竹、女雛が梅と縁起のいい意匠です。


大胆な刺繍加工にも関わらず、全体的には派手さを抑えたバランス感覚。

これぞ"江戸の粋"を表現する職人の腕の見せどころですね。


■金駒刺繍/きんこまししゅう
刺繍技法のひとつ。刺繍針に通せない太い糸や金糸などを、木製の"駒(糸巻きの一種)"に巻き、それを転がしながら刺繍糸を下絵に沿ってはわせ、"綴糸(とじいと)"で留めていく技法です。金糸を使うと"金駒刺繍"、銀糸を使うと"銀駒刺繍"と呼ばれます。


横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍 横山一彦作 親王飾 春日雛 金駒刺繍

男雛・女雛ともに笑みをたたえるその表情は、見る人の心を和ませる優しい雰囲気に仕上がっています。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。
なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで
試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

三月台屏風 竹千筋衝立 三月台屏風 竹千筋衝立

リズミカルに立ち並ぶ"竹ひご"の演出と、中央部の扇型部分に見られる蒔絵が見事な衝立。

絵柄の中にある"南天(なんてん)"は"難を転じて福となす"という意味を持つ吉祥図です。


この衝立の生産地は静岡県。温暖多湿な気候と、徳川家康ゆかりの久能山東照宮や浅間神社の造営をきっかけに全国から導入された高度な技術を応用して、江戸時代に定着した漆器作りの一分野として雛具作りが発達した地域です。


木地、漆、蒔絵、金具等の工程を分業化することで、手工芸でありながらも大量の製品を作る仕組みができているのも、この地域ならではの特徴。


"駿河雛具(するがひなぐ)"の名称で、国から伝統的工芸品の指定もうけており、蒔絵(まきえ)や塗りの技術、遊び心は現在、圧倒的な流通量を誇る"海外製品"とは比べものにはなりません。


駿河雛具 盃

お道具には"盃(さかずき)飾り"をご用意しました。画像のように重ねて飾るも良し、男雛・女雛の前にそれぞれ盃を並べるも良し。こちらも静岡県産の駿河雛具を用意しています。


花類 花籠 紅白梅

衝立の竹ひご細工に合わせ、花器にも竹ひご細工を取り入れました。これらの装飾技術はともに"駿河竹千筋細工"とよばれる列記とした伝統工芸品なのです。


雪洞 燭台コードレス

電池式のLEDコードレス燭台(しょくだい)。スッキリした印象で雛飾りがモダンに見えると好評です。

本体には"ワーロン紙"を使用。和紙よりも強度があり、破れたり折れたりしにくい素材となっています。


江戸っ子職人の技とセンスと粋な心意気が生んだ春日雛。現代の住環境にも品よくなじむ親王飾りです。


商品詳細

作者・工房

横山一彦

生産地

東京都

サイズ

間口69 × 奥行35 × 高さ32 cm

本体仕様

正絹(金駒刺繍) 木胴 木手

屏風

竹千筋衝立 扇付

飾台

木製艶消し黒塗飾り台

道具

駿河雛具 盃

花類

紅白梅(駿河竹千筋細工)

雪洞

LEDコードレス燭台(電池付) ワーロン紙仕様

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■被布着
■手書き名入木札 ※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

眼楽亭富久月ロゴ

横山一彦 ■東京都指定伝統工芸士

昭和22年東京生まれ。作号"眼楽亭富久月"。昭和48年より人形師である父のもと人形製作を始め、平成14年に東京都指定伝統工芸士認定。平成19年に伝統的工芸品に認定された"江戸節句人形"の制作者として活躍。粋で繊細な江戸文化が世界的にも評価される昨今、改めて注目を集めている雛人形師です。

ページトップへ