【雛人形】有職(黒雲鶴紋) ■真多呂作 ■送料無料

価格: ¥166,000 (税込)
[ポイント還元 1,660ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

伝統と格式の木目込人形。


人形制作は経済産業大臣指定伝統工芸士 金林真多呂によるもの。木目込人形発祥の地である京都上賀茂神社認定、唯一の正統伝承者として人形界に多大なる影響を与えています。


木目込人形とは、木製胴体に溝を彫り、そこに布地の端を埋め込んで衣裳を着ているように作る人形。
溝に布地の端を埋め込むことを"木目込む(きめこむ)"ということから、木目込人形と呼ばれるようになりました。


本製品は重鎮が手がける永遠の定番にして大ベストセラーとも謳われる、有職文様で彩られたおひなさまです。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

男雛の衣裳には有職紋様"黒雲鶴紋(くろうんかくもん)"があしわられています。雲と鶴を組み合わせた文様は、天皇および太閤専用として用いられていた非常に格式が高い意匠です。


重厚な黒と鮮やかな袖口の赤、清廉な袴の白が見事なコントラストを奏で、その凛々しさにアクセントを加えています。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

女雛の衣裳は男雛の雰囲気に合わせた"花鳥丸紋"をあしらいました。男雛とは対照的な暖色系の衣装により、お互いの存在を引き立てています。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋) 真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

木目込み人形ならではの"書き目"の表情が美しい、高貴な大人顔です。ふっくらとした気品ある顔立ちも特徴です。笑みをたたえているような穏やかな表情は、見る人の心を優しく和ませる雰囲気に仕上がっています。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。

真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

ふぞろいな絹糸が醸しだす高級感。アクセントも効果的。


落ち着いた風合いが魅力的な"絹しけ屏風"。アクセントにやさしい雰囲気がただよう桜模様をあしらいました。絹しけとは国産絹糸100%の織物に和紙を裏打加工したもので、不規則な織段や紬が独特の風合いを醸しだし空間を演出してくれます。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

使用される絹糸は、蚕の糸を数十本合わせてつくられるために不規則な太さとなり、傷などの不良品と誤解される場合がありますが、この不揃いこそが絹しけの良さであり、100%の絹織物という証明でもあります。



真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

燭台、お道具はすべて国産の木製品。燭台に灯りはつきません。貝桶・燭台は唐草模様が一般的ですが、有職雛だからこそのデザインをお楽しみいただくため、有職文様の一つでもある鳳凰の柄をあしらいました。


真多呂作 親王飾 有職(黒雲鶴紋)

作札に貼られた証紙にご注目。伝統を誇る手づくりの証として、この証紙が付けられています。


伝統的工芸品 伝統証紙

伝統と格式が随所に散りばめられた有職雛。何年たってもその輝きを失わない、普遍的な美しさが漂う親王飾りです。


商品詳細

作者・工房

金林真多呂

生産地

東京都

サイズ

間口68 × 奥行40 × 高さ37 cm

本体仕様

正絹(男雛:黒雲鶴紋  女雛:花鳥丸紋)

屏風

絹シケ屏風(桜柄)

飾台

木製黒塗平台(猫脚付)

道具

木製行器飾り(金蒔絵)

花類


雪洞

木製燭台 ※灯りはつきません

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■被布着
■手書き名入木札 ※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

真多呂ロゴ

金林真多呂 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■東京都指定伝統工芸士

創業大正8年。江戸時代からおよそ270年受け継がれてきた伝統工芸品"木目込人形"制作の老舗工房。発祥の地である京都上賀茂神社認定、唯一の正統伝承者として現在に至る。二代目 金林真多呂は昭和7年 東京都生まれ。本名"金林作郎"。父 先代真多呂に師事し、昭和53年に通産大臣(現・経済産業大臣)指定伝統工芸士に認定。従来の人形師の枠を超えた近代性を備えた制作者として評価を得ている。


ページトップへ