• おすすめアイコン

【雛人形】離宮雛(汕頭刺繍) ■柿沼東光作 ■送料無料

価格: ¥145,000 (税込)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


柿沼東光作 親王飾 離宮雛 柿沼東光作 親王飾 離宮雛

置き場を選ばない、コンパクトサイズの立雛飾り。
二人目の女の子にもおすすめです。


時代をさかのぼり、雛人形のルーツとして伝わる立雛。

飾り付けや後片づけが簡単で、収納も省スペースという点において昨今人気の飾りです。


一人一飾りが望ましいひな人形において、長女のおひなさまとちょっと趣向を変える意味で、
"次女のおひなさま"としてお選びになられるご家族も多い飾りです(当社比)。


そんな立雛飾りの中で、作り手の"らしさ"が存分に堪能できる絢爛豪華なお人形がこちら。

毎年数体しか作られない価値あるお人形で、職人の手仕事により丁寧に生み出されています。


人形師のなかでも、その表現力と技術力はトップクラス。

経済産業大臣指定伝統工芸士 柿沼東光による"離宮雛"のご紹介です。


柿沼東光作 親王飾 離宮雛 柿沼東光作 親王飾 離宮雛 柿沼東光作 親王飾 離宮雛 柿沼東光作 親王飾 離宮雛

圧倒的な存在感。大胆かつ繊細な手仕事の妙。


男雛・女雛ともに、衣裳には世界三大刺繍のひとつ"汕頭刺繍"を採用しました。

大胆かつ繊細な手仕事で表現される刺繍技術は、まるで絹糸でつくる彫刻のよう。

木目込人形に汕頭刺繍。この組み合わせのひな人形は、なかなかありませんね。


■汕頭刺繍/すわとうししゅう
中国広東省にある"汕頭市(すわとうし)"で生まれた切り抜き刺繍の一種で、相良刺繍、蘇州刺繍と並び三大刺繍のひとつです。糸を引き抜いたり布地を切り抜いたりしてデザインの一部を透かすことが特徴的で、約200年の歴史をもちます。制作に手間がかかることに加え、その美しさから人気も高いことから、手作りの場合は高価な作品が多いです。その大胆な制作工程を経て形づくられていくことから"絹の彫刻"とも称されています。


柿沼東光作 親王飾 離宮雛

※上記の画像はお人形になる以前の状態。この汕頭刺繍の帯を裁断し、離宮雛をつくっていただきました。



これぞ職人がみせる、ジャパンクオリティ。


刺繍加工された厚手の生地を木目込む技術力。これは東光作品の特徴のひとつです。

全体に刺繍がほどこされていたり、織り方にくせのある立体的な生地を使い
木目込人形を作る職人は東光以外、ほとんど見かけることはありません。


くせのある生地を着せ付ける技術とセンス。これぞまさしく職人 柿沼東光の真骨頂といえるでしょう。



柿沼東光作 親王飾 離宮雛 柿沼東光作 親王飾 離宮雛

"書き目(手書きによる目)"の表情が美しい、高貴な大人顔です。ふっくらとした気品ある顔立ちも特徴です。

笑みをたたえているような穏やかな表情は、見る人の心を優しく和ませる雰囲気に仕上がっています。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。
なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで
試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。



【五月人形】衝立駿河蒔絵(青海波)

飾る場所をえらばない、究極のシンプルスタイル


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。本製品は個性的な人形本体に視線が集まるよう、その存在感を最小限にとどめて制作しています。



【五月人形】衝立駿河蒔絵(青海波)

蒔絵技術で描かれた青海波紋様。


衝立上部に金色二引で描かれているのは"青海波紋様(せいがいはもんよう)"。青海波は末広がりの波の造形で、それが繰り返しつかわれ柄になっており、"絶え間なく続く繁栄・幸福"を意味する縁起のいい吉祥文様です。健康を祈願する節句の意義にもぴったりといえますね。



【五月人形】衝立駿河蒔絵(青海波)

この衝立の生産地は静岡県。温暖多湿な気候と、徳川家康ゆかりの久能山東照宮や浅間神社の造営をきっかけに全国から導入された高度な技術を応用して、江戸時代に定着した漆器作りの一分野として雛具作りが発達した地域です。


木地、漆、蒔絵、金具等の工程を分業化することで、手工芸でありながらも大量の製品を作る仕組みができているのも、この地域ならではの特徴。


"駿河雛具(するがひなぐ)"の名称で、国から伝統的工芸品の指定もうけており、蒔絵(まきえ)や塗りの技術、遊び心は現在、圧倒的な流通量を誇る"海外製品"とは比べものにはなりません。



柿沼東光作 親王飾 離宮雛

作札に貼られた証紙にご注目。伝統を誇る手づくりの証として、この証紙が付けられています。


伝統的工芸品 伝統証紙

職人の技とセンスと心意気が生んだ離宮雛。

コンパクトながら、ニッポンの伝統工芸品の真髄が感じられる、
存在感たっぷりの親王飾りです。

大人になっても忘れることのない桃の節句を、ご家族そろってお楽しみ下さい。


商品詳細

作者・工房

柿沼東光

生産地

埼玉県

サイズ

間口30 × 奥行23 × 高さ45 ㎝

本体仕様

正絹(汕頭刺繍)

屏風

木製衝立 青海波蒔絵

飾台

木製衝立 青海波蒔絵

道具


花類


雪洞

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■被布着
■手書き名入木札 ※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状、色合いが各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

柿沼東光ロゴ

柿沼東光 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■東京都指定伝統工芸士

昭和23年 東京都生まれ。本名"柿沼正志"。昭和49年、初代東光に師事し人形製作に専念。華麗なる色彩、気品あふれる親王飾をはじめとして日本情緒を映す優美な人形を次々に発表。独自の技法を開拓し、品質向上及び伝統的技術の改善向上に貢献している。


ページトップへ