【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料

価格: ¥282,000 (税込)
(お子様の) お名前記入欄:
数量:
在庫: 在庫なし 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

■10,800円以上のお買い物で送料無料です。
■ご注文のお手続きが全て完了した時点で、在庫の確保とさせていただいております。


【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料 【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料

THE ROOT  "京甲冑"


節句用甲冑その全てのルーツにして、今なお最高峰に君臨する京甲冑。雅やかな京文化を背景に生まれ育った鑑賞用の甲冑で、装飾金具を組み合わせ、金箔を多用し、木彫龍の前立てを飾りつけたりと、きらびやかな外観が特徴です。


金物細工、箔押、西陣織、組紐、漆工など…伝統工芸の高度な技術・技法を結集した総合芸術品としての価値も認められ、現在国の指定する伝統工芸品に京人形/京甲冑の名で登録されています。



1,200年の歴史が育んだ、京の手仕事の数々。


箔押
■本金箔押小札(ほんきんぱくおしこざね)
京甲冑といえば"本金箔押"仕上げ。甲冑を形どる小札(こざね)部分に、箔押師が一枚一枚丹念に金沢(純金)箔を押しつけ貼ってきます。金沢箔とは金を1万分の1~2ミリほどの薄さにまで打延ばしたもので、 作りだす工程のほとんどが手作業で行われます。本物の輝きが、端午の節句を華やかに彩ります。
【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料
■飾り金具
彫師が彫りあげた金物を元型にして、電気鋳造の溶解槽に約6日程かけて銅を付着させ金物を成型します。一つ一つ手作業で切りだし、やすり等で形を整え、本金鍍金をほどこして金物を仕上げていきます。

【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料
■白檀塗(びゃくだんぬり)
塗師の手により、小札(こざね)の裏側に透漆を塗り重ねて飴色に仕上げる"白檀塗(びゃくだんぬり)"をほどこします。上塗りから透けるようにして輝く金色が非常に美しく、甲冑に高級感を与えます。
【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料
■本金箔押木彫竜頭(ほんきんぱくおしきぼりりゅうず)
前立てには金箔押がほどこされた木彫龍を配置。彫刻師の手により、一体一体丹念に彫り上げ制作しています。魔除けの水晶玉を握りしめ、お子さまの成長を見守ります。

【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料
■唐櫃(からびつ)
甲冑の台座、そして収納庫として重要な役割をはたす唐櫃。武久では通常よりも厚手の木を用い、京の塗師(ぬし)の手により本漆(ほんうるし)、あるいはカシュー漆をほどこします。補強を兼ねて装飾された飾り金具もまた見どころのひとつです。
【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料
■京都洛冑会
伝統を守り継ぐ製品の証として京都洛冑会のプレートが付属します。同会は京甲冑界の名匠「粟田口清信」「平安一水」「平安武久」により発足された会です。このプレートは伝統工芸品"京甲冑"の証明であると同時に、京の由緒ある神社にて、お子様の健康や家内安泰の祈祷を授かった信頼の印でもあります。


【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料

後ろ姿にも抜かりなし。


兜は正面のみならず、その後ろ姿にまで注目して下さい。


一本一本丁寧に通された正絹の威糸(おどしいと)が整然と並び、武久の丁寧な仕事ぶりが感じられます。表現される色目は奇をてらわず、普遍的で伝統的な朱糸威を使用。上部のみを白糸にする"肩白(かたしろ)"という配列にしています。


眩いばかりに輝く本金箔押小札と正絹威糸とのコントラストが、京甲冑ならではの高級感を演出します。



"主張しすぎず主張して、主役をより美しく"


人形の美しさをより際立たせるために存在する周辺のお道具類。
なかでも屏風は、全体のイメージを左右するほど重要な役割を担っています。


主役の存在感を損なわずして、より魅力的な空間を演出をするためのモノづくりを。


そんなテーマと向き合いながら、職人は日々、絵柄の構図や配色、そして質感に至るまで試行錯誤を繰り返し、卓越した技術をもって美しい製品をつくり続けています。


【五月人形】箔押60

金屏風の最高ランク、金沢箔押屏風。


金屏風はひな人形でも五月人形でも定番中の定番商品。シンプルさゆえに、作りの甘い人形は粗が目立つように見え、逆に丁寧につくられた人形はその美しさがより際立つという魔法のような屏風でもあります。


【五月人形】尊ケヤキ60㎝セット

そして金屏風に使う金色部分の種類もさまざま。その種類において最高ランクに位置するものが"金沢箔押"です。和紙に金沢箔を一枚一枚丁寧に箔押しして作られた金沢箔押屏風は、深みのある優美な輝きを放ちます。


マス目状に並べられ、継ぎ目となる線が見られるのが箔押された証。安価な金紙や塗装の金屏風とは異なる"本物の輝き"をお楽しみ下さい。


また屏風の開閉部分には金具の蝶番を一切使わず、和紙でできた"羽根"とよばれる和紙蝶番を使用する、いわば職人の伝統技術でつくる制作工程(本仕立)にこだわりました。


本仕立屏風

開閉部に切込が入っていて、両面に開く仕組みが特徴です。継ぎ目に隙間ができないので、見た目にもすっきりとした印象となります。職人の街、墨田区にある老舗屏風工房の片岡さんが生みだす技ありの工芸品です。


【五月人形】弓太刀Y20hktk 【五月人形】弓太刀Y20hktk

弓太刀も一切妥協なし。


弓と太刀の両側に、三本ずつの矢が配置された豪華な弓太刀飾り。木製の弓には籐が巻かれ、矢羽根には天然の羽根を使用しています。


また"光り物は邪気をはらう縁起物"と古来より言い伝えられていることから、太刀は簡略化せずに鞘から抜ける仕様になっています。(模造刀で切れませんが、鋭利な部分もありますので取扱にご注意ください)


一般的に太刀の柄の部分にはプラスチック等が使われていますが、本品は耐久性と重厚感のある金属製です。刀の反り返りや金具装飾にまでこだわったこちらの逸品もまた、モノづくりのまち東京墨田区の職人さんの手から生まれています。



花類 岡半 花菖蒲

室礼の心得を意識して。


菖蒲(しょうぶ)と蓬(よもぎ)の葉を組み合わせ吊り下げられた菖蒲飾りは、"さりげなく良いモノを"をモットーとする大正11年創業の節句人形造花工房 岡半が制作。


軒先や玄関に無病息災を願う厄除けとして飾る菖蒲飾りを節句飾りの空間に取り込むことで、季節に合わせ空間を清める"室礼(しつらい)"の精神を表現しました。


京甲冑と菖蒲飾りは当然のことながら相性は抜群。新緑の季節にひろがる空間を優しく装います。



【五月人形 兜飾り】朱糸肩白威の兜15号■武久作■京甲冑■送料無料

大人目線でも十分お楽しみいただけるのは、ジャパンクオリティの五月人形だからこそ。

お子さまの成長を見守りながら、ぜひご家族揃って端午の節句をお楽しみ下さい。

商品詳細

作者・工房

平安武久(京北野)

サイズ

間口100 × 奥行52 × 高さ95 ㎝

本体仕様

京甲冑 正絹糸威 矧ぎ合わせ鉢 純金鍍金鍬形 純金箔押小札 京組紐 木彫箔押龍頭 
※兜本体にプラスチックは使用しておりません

弓太刀

六本矢藤巻弓太刀 ※プラスチックは使用しておりません。 太刀は鞘から抜けます。

屏風

四曲本仕立箔押屏風

飾台

木製白木高床台 + 緑毛氈付

サービス品

■お手入れセット(毛バタキ・手袋・クロス)
■陣羽織
■手書き名入木札 ※ご注文の際、備考欄にお子さまのお名前をご記入下さい

注意事項

■手作りのためサイズや形状が各々多少異なります。
■ご使用のモニターにより、実際の色と異なって見える場合がございます。

作者・工房について

武久ロゴ

武久 ■経済産業大臣指定伝統工芸士 ■京都洛冑会会員

金物細工、織物、組紐、染色、箔押、木彫など、1,200年の歴史が育んだ京都の伝統工芸を駆使して作られる絢爛豪華な京甲冑。京甲冑師 武久は平安一水、粟田口清信と並び、洛冑会を結成する最高ランクの甲冑師です。一子相伝で伝えられた秘伝の技術を駆使し、細部にまで心を行き届かせ制作された京甲冑は、まさに贅を尽くした至高の逸品といえるでしょう。

ページトップへ