伏谷商店バナー

生まれ変わる伝統の灯り"提灯(ちょうちん)"

古くは照明器具として、また現在でも祭礼や仏事などの儀式に用いられ日本人には馴染みの深い提灯。


型(かた)にヒゴを巻き、糊を均等に塗ったヒゴに和紙貼り。刷毛で丁寧になじませ乾燥させた後に型をはずす。この一連の作業を経て完成する提灯には、伝統の職人技と美意識が盛り込まれ、機械では生み出せない手仕事の温もりとあじわいがあります。


昭和37年創業の伏谷商店。創業者の伏谷幸七は中学卒業と同時に名古屋市内で提灯作りの修行を始め、江戸時代より伝えられた伝統技法を習得。以来50年以上もの長きにわたり、提灯一筋に作り続けています。


近年提灯職人は減少の一途を辿り、海外製の量産された提灯が増加傾向にあるのが実態ですが、伏谷商店では今なお職人の手仕事による国内生産にこだわり、提灯づくりを続けています。それは高品質にこだわるのはもちろんのこと、丁寧な仕事(製品)にこそ職人の魂が宿ると信じているからに他なりません。一つの提灯、ひとつの灯りに伝統の職人技と誇りが込められているのです。


伏谷商店イメージ

"ちょうちん"から"CHOCHIN"へ。

電球の普及により日常生活においての実用性は失われつつありましたが、その手づくりの温かみや和モダンを表現できるインテリア機能が評価され、再び注目されるようになりました。


提灯づくりを通じて代々受け継がれてきた伝統を礎に、伏谷商店が世界に向けて発表した新ブランド"TREE LAMP(ツリーランプ)"。同ブランドを代表するシンプルモダンなツリー型照明は伝統的な提灯の制作技法をもとに作られており、品格あるその存在感とともに優しく空間を灯します。


伏谷商店イメージ

"日本の伝統工芸"と"欧米文化"を融合させた固定概念に縛られない価値観を持って、ニッポンの"CHOCHIN"を世界に発信。デザイナーとのコラボレーション等にも積極的に取り組み、異業種の職人たちとの仕事のなかから新しいものづくりに挑戦しています。



伏谷商店ロゴ

伏谷商店/TREE LAMP

昭和37年創業の伏谷商店は、名古屋にて国内生産にこだわった提灯を製造販売している老舗手づくり提灯工房。"提灯=純和風"といった固定概念にしばられない新しい価値観を持って立ち上げた新ブランド"TREE LAMP(ツリーランプ)"は、ニッポンの提灯を世界に向けて発信している。


表示切替: 並び順:
3件中1件~3件を表示
3件中1件~3件を表示

お問い合わせ

配送料金

オフィシャルSNS

リンク集

ページトップへ