世界三大刺繍 イメージ

【特別企画】 世界三大刺繍の雛人形

生地への装飾としてもっともポピュラーな技法"刺繍"。


人の手から生まれる刺繍は、作り手の想いまでもが伝わってくるような優しい温かさがあります。

また、生まれる国の風土や文化によって、さまざまな表情を見せてくれるのも刺繍の魅力です。


鯉徳では世界三大刺繍ともよばれる"汕頭・相良・蘇州刺繍"が施された雛人形を中心に多数ご用意しています。一針一針縫い込まれた意匠は、他に類を見ない豪華さと繊細さを持ち合わせており、家族でお祝いするひなまつりに、よりいっそう彩りを添えてくれることでしょう。



刺繍の種類と特徴。


汕頭刺繍(すわとうししゅう)


中国広東省にある"汕頭市(すわとうし)"で生まれた切り抜き刺繍の一種です。


糸を引き抜いたり布地を切り抜いたりしてデザインの一部を透かすことが特徴的で、約200年の歴史をもちます。制作に手間がかかることに加え、その美しさから人気も高いことから、手作りの場合は高価な作品が多いです。


その大胆な制作工程を経て形づくられていくことから"絹の彫刻"とも称されています。

汕頭刺繍 イメージ


相良刺繍(さがらししゅう)


中国では漢の時代より見られ、日本には奈良時代に伝来したとされる刺繍です。糸を玉のようにして縫い込むことから別名"玉縫い"ともよばれています。


結び玉を一つずつ重ねながら図案を描いていくため、技術力はもちろん制作には高い集中力と忍耐力が必要とされています。


その図案が点で描かれたように見えることから"絹の点描"とも称されています。

<相良刺繍 イメージ


蘇州刺繍(そしゅうししゅう)


中国江蘇省にある"蘇州市(そしゅうし) "で2,500年も前から伝わっている刺繍です。


使用する糸が極めて細く刺繍面が盛り上がらないため、表面が滑らかなのが特徴。また両面刺繍という技法により表裏どちらから見ても糸の結び目がなく、両側から見ても美しい仕上がりになります。


その写実的で繊細な仕上がりから"絹の絵画"とも称されています。

蘇州刺繍 イメージ


大量生産品とは異なるため、生産数もごくわずか。世界に一つだけの雛人形としてお楽しみください。



表示切替: 並び順:
4件中1件~4件を表示
4件中1件~4件を表示

お問い合わせ

配送料金

オフィシャルSNS

リンク集

ページトップへ