山田華悦イメージ

新進気鋭の雛人形作家―。山田華悦

昭和46年千葉生まれ。本名"山田吉徳"。18歳の頃より、人形師である母"初代山田華悦"のもと人形製作を始め、平成11年より本格的な雛人形制作を始めました。


環境にも恵まれ、順風満帆に人形師の道をスタートしたかのように思われますが、小さい頃は人形作りの手伝いが嫌いだったそう。


大学生時代にアルバイト感覚で人形作りを始めたところ、想像したよりも効率的かつ美しい人形を完成させたという成功体験からものづくりに興味をおぼえ、卒業後に大手人形製造兼卸会社に入社。そこでこれまで見たことのない数々の雛人形に出会い感性を触発され、自身での人形制作を本格的に決意したそうです。


平成24年、日本人形協会認定の節句人形工芸士に任命。翌25年には千葉県指定伝統工芸品に指定され、現在"華悦""尚好"名義の雛人形を制作。破竹の勢いをみせる職人さんです。

山田華悦イメージ


山田さんの制作する雛人形は"衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)"とよばれ、胴体部分へ衣装の着せ付けや手の振り付けを専門に行う"着付け師"として活躍中。制作工程のなかでも、着付け師が行う振り付けは、雛人形の形状を決める重要な作業でやり直しがきかないため、とても難しい工程とされています。


現在は艶やかな衣装は奥さまの尚好さんが仕立て、その着物を丁寧に吉徳さんが着せ付けるという夫婦二人三脚でニッポンの伝統文化を支えています。

山田華悦イメージ


業界最小サイズへの挑戦。


都市部を中心にニーズの高まるコンパクトサイズのおひなさま。小型のお人形は"木目込人形"が最良の選択でしたが、『小さくても衣裳着のような豪華さがほしい』という要望は年々高まる傾向に…。


衣裳着ひな人形はその製作工程上、"柳(横幅18㎝前後)"サイズ以下は美しく作ることが不可能とされてきましたが、設計図を描いては人形制作、描いては制作を繰り返し、長年誰もが手がけられなかった"美しい極小サイズ"豆(横幅14㎝前後)"を数年かけて完成させました。


衣裳着人形にしてこの細やかさを可能にしたのは山田さんの技術力と忍耐力、そしてモノづくりをする職人としてのプライドに他なりません。

山田華悦イメージ


節句人形業界の"今"と"これから"を発信。


2016年に発足した節句人形職人ユニット"縫nui"。山田さんご夫婦はこのプロジェクトでも雛人形の"着付け師"として活躍中。今後の活躍にますます注目が集まりそうです。



山田華悦ロゴ

山田華悦・尚好 ■千葉県指定伝統工芸士 ■節句人形工芸士

昭和46年千葉生まれ。本名"山田吉徳"。18歳の頃より人形師である母のもと人形製作を始め、平成11年に二代目 山田華悦を襲名。極小サイズの衣裳着ひな人形制作を得意とする繊細さが持ち味。都市型サイズのおひなさまに新風を吹き込む若き伝統工芸士です。プロフィールページ


表示切替: 並び順:
2件中1件~2件を表示
2件中1件~2件を表示

ページトップへ